12/18ニットカフェ@村山NOUKAのご報告

0
     村山市碁点のパン屋「NOUKA」さんにてニットカフェを開催しました。
    NOUKAさんでは10月に引き続き2回目の開催です。
    NOUKAさんは親子でやっている天然酵母使用、無添加の美味しいパン屋さんです。
    こちらは開店前の情景。ご主人の佐藤さんにもサンタ帽子を被って頂きました。



    11時からの開催でしたが早めに行き、美味しいパンで朝食。



    shimadaサンタも腹ごしらえです。



    先週の長井でのワークショップ同様、
    機械編みで作るマフラー、
    ニットなんでも相談室の二本立てです。


    機械編みマフラーはmegumiがマンツーマンで指導。shimadaが補助。
    手順としては、
    1.編み機でどんな柄が編めるのか説明、柄選び
    2.毛糸選び
    3.編み機の原理、編み機の使い方を説明
    4.選んで頂いた毛糸でサンプル編み地作り
    5.サンプルを元にデザインを決定(幅、長さ、ボーダーの太さのバランス、編み地の固さ、柄の配置など)
    6.本番のマフラーを作ります。
    本番の途中、お客様に編み機を手で動かして実際に編んで頂きます。

    「クリスマスに送る手作り機械編みマフラー」
    という時期的に丁度よい企画だったのか、予約は告知からわずか2日で埋まりました。



    最初のお客様はグリーン系でランダムのボーダー。
    ボーダーの切替の位置をデザインして頂きながら編み進めました。
    色も、軽い仕上りの風合いもカワイイです。



    息子さんと一緒に来店。小学生のりょうすけ君チョイスの水色×白のスラブヤーン(1本の糸の中で太かったり細かったり、、の毛糸)がカワイイです。
    端にはベージュと紺をポイントに。



    白いスラブヤーンの本体、先端に鮮やかな黄緑を部分使い、フリンジをつけました。
    黄緑が効いています。この配色はオリジナルのマフラーならでは。



    ピンク×白のスラブヤーンをメインにこちらもベージュの糸を部分使い。
    かわいい!!いつもプレゼントをくれるママへのクリスマスプレゼントだそうです。
    今日はお父さんと来店。



    前回のニットカフェで手編みのシュシュを作ったあやさんは機械編みに挑戦。
    茶系、ベージュ系、ポイントでオレンジとカワイイ配色です。




    ニットなんでも相談室では、
    かぎ針、棒針編みで行き詰まった編み地、
    編み方がいまいちわからない編み方の本を持参していただき、aiとshimadaが教えました。



    機械編みマフラーは3000円。
    手編みは500円プラス、お買い求め頂いた毛糸代。
    どちらも1drink、お茶菓子つき、とさせて頂きました。



    ニットカフェ終了後はNOUKAさんと反省会という名のもとにディナーを頂きました。
    パン屋NOUKAでのポトフ、パスタ、パン美味しかったです〜。
    ごちそうさまでした!


    今回は2回目ということで、編み屋スタッフも慣れ、スムーズに進行できました。
    お客様にも好評だったようで、前回に引き続き来て下さった方もちらほら。
    出来上がったアイテムをお客様が身につけた時の笑顔が何よりも嬉しいです。

    次回のニットカフェ@NOUKAは1月15日、日曜日(仮)を予定しています。
    また、追って告知致します。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    編み屋

    山形県内のニットメーカーに勤務。 仕事の傍ら、主に土日祝日に山形県内でニットカフェ、ニットワークショップの企画、運営をしています。メンバーはmegumiとshimadaとai。

    最新の投稿

    テーマ

    過去の投稿

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM